より確度の高い広告文が作れる!広告カスタマイザを使った上手な広告文作成法 | リスティング広告・SNS広告運用代行、ホームページ制作・LP制作 | 東京・大阪 | 株式会社イーナ

ノウハウブログ

Yahooプロモーション広告正規代理店 GoogleAdwords認定パートナー
  • 注目の西日本ベンチャー企業として弊社が掲載されました
  • 他社からの乗換をご検討の方へ
  • 自社運用から変更をご検討の方へ
  • Google Adwordsオープンビジネスパートナー優秀賞を受賞しました
  • ノウハウブログ
  • リスティングLP
  • LP制作お任せください!
  • 採用情報
  • E-NAポータルサイト

HOMEノウハウブログより確度の高い広告文が作れる!広告カスタマイザを使った上手な広告文作成法

より確度の高い広告文が作れる!広告カスタマイザを使った上手な広告文作成法

2019年5月9日リスティング広告

広告カスタマイザというものを皆さんはご存知ですか?
広告カスタマイザを使えば、ユーザーの検索行動に対して、より確度の高い広告を表示させることが出来ます。
今回はそんな広告カスタマイザの上手な活用方法について実例を用いてご紹介いたします。

 広告カスタマイザとは

広告カスタマイザはGoogle広告の機能のひとつです。
地域やキーワードなど条件に応じて広告文に動的な変化を加えることが出来るのが最大の利点です。
通常の広告であれば配信地域や取り扱う商材によって細かくグループを分け、広告文も適切なものをいくつか設定しなければなりません。
しかし、広告カスタマイザであれば1つ広告文を設定するだけですべてのユーザーに適した広告文を表示させることが可能です。

 広告カスタマイザで出来ること

広告カスタマイザには様々な機能が存在します。
今回はそのうちの1つ「広告文を条件に応じて動的に変化させる機能」を詳しくご紹介させていただきます。
広告カスタマイザを設定した広告文では、こちらで指定した条件に応じて広告文の一部を変化させることが出来ます。
キーワードや地域などユーザーの検索行動、属性に合わせて広告文を適切に表示させることが可能となります。
具体例)
大阪のユーザー ⇒ 広告文「新社会人の方へ|大阪の賃貸物件|紹介します」
東京のユーザー ⇒ 広告文「新社会人の方へ|東京の賃貸物件|紹介します」

 メリット

ここまでで広告カスタマイザの機能について説明をさせていただきました。
では実際に広告カスタマイザを設定した際、私たちにはどういったメリットがあるのでしょうか。
1つは、少ない手間で広告文のバリエーションを増やすことが出来るということです。
1つの広告文に対していくつものパターンをあらかじめ設定しておくことで、ユーザーごとに最適な広告を表示させることが可能です。
また、広告カスタマイザは設定しているデータによって広告文が変化するため、過去の広告の成果データを残したまま、広告文に新たな変化を加えることが可能です。

広告カスタマイザを実際に設定する

では実際に、広告カスタマイザを設定してみましょう。

①広告カスタマイザを設定したいアカウントを開き、管理画面右上の「ツール」から「ビジネスデータ」を選択
ブログ1
②ビジネスデータ画面、データフィード画面内の+ボタンをクリックし、「広告カスタマイザデータ」を選択
ブログ2
③広告カスタマイザデータのテンプレート(CSVファイル)をダウンロード
ブログ3
④ダウンロードしたファイルを開き、データを入力
ブログ4
⑤データ入力方法について
ブログ5.
⑥データをアカウントにアップロード
ブログ6
⑦広告文にカスタマイザを設定
ブログ7
⑧残りの広告文を作成
ブログ⑧
これで広告カスタマイザの設定は完了となります。
今回は見出し1にカスタマイザを設定していますが、見出し2や3、説明文にもカスタマイザを設定することが出来ます。

注意点

一度設定してしまえばとても便利な広告カスタマイザですが、実は気をつけなければいけないポイントもあります。
カスタマイザを設定するうえで気をつけなければいけないポイントをいくつかご紹介します。

広告カスタマイザのみでは配信できない

広告グループ内において広告カスタマイザを設定した広告文のみが存在していると広告は配信されません。
広告カスタマイザのもの以外に最低1つカスタマイザを使用していない広告文を設定しましょう。

文法やつづりに気をつける

広告カスタマイザデータ入力の際、指定するキャンペーンや広告グループ、KWが実際にアカウント内に存在するものと全く同じものでないと反映がされません。
データ入力の際には無駄なスペースや句読点がないか注意しましょう。

広告文の文字数に気を付ける

カスタマイザでは条件に応じて設定したフレーズに広告文が変化するため、Googleが定める文字数制限に気をつけなければいけません。
管理画面上では文字数制限に引っかかるかどうか確認することが出来ないので、自分自身で文字数を数え、どの文言に変化しても文字制限を越えないような設定を心掛けましょう。

広告文に設定するURLに気を付ける

カスタマイザによって広告文の一部が条件によって変化しますが、その広告をクリックして飛ばされるURLはすべて同じものになってしまいます。
カスタマイザがどのフレーズに変化しても整合性の取れているURLが設定されているか十分に注意が必要です。

まとめ

ユーザーの属性や検索行動によって広告文を指定した値に変化させることのできる広告カスタマイザ。
注意するべき点も多いですが、使いこなせればきっと今以上に有効な広告文をユーザーに表示させることが出来るようになります。
皆さんも広告カスタマイザをうまく活用して、より広告を円滑に運用してみましょう。

川勝 健

WEB広告運用のかけだし社員。

皆さんと共に成長していけるように頑張ります。


ページの先頭に戻る