【視野を広くキーワードを設定すること】 | リスティング広告運用代行・ランディングページ(LP)制作 | 東京・大阪 | 株式会社イーナ

ノウハウブログ

  • 他社からの乗換をご検討の方へ
  • 自社運用から変更をご検討の方へ
  • Google Adwordsオープンビジネスパートナー優秀賞を受賞しました
  • ノウハウブログ
  • リスティングLP
  • LP制作お任せください!
  • 採用情報
  • E-NAポータルサイト

HOMEノウハウブログ【視野を広くキーワードを設定すること】

【視野を広くキーワードを設定すること】

2016年6月21日リスティング広告

こんにちは。

今回は、キーワード検索で入稿するキーワードについて
最近あった事例をお話しします。

▼業種

健康食品の通販

▼状況

アカウントCPA:約¥1,500

通販サイトの店名ワードや商品名から
安定してコンバージョンは獲得できているけれど、
出来るだけ低予算で、何か新しい糸口からステップアップがしたい。

▼実施したこと

私は健康志向な方なのですが、自分のインターネットユーザーとしての経験を思い出し
取扱い食品に含まれる、とある『成分』の名前をキーワードを入稿してみました。

「○○(成分名)が含まれる食品」という視点で
商品を探すユーザーも少なくないのでは?と考えたのです。
すると配信開始から3日で早速コンバージョンを獲得!

美容や健康のためにその成分を摂取したいけれど、
サプリメントなどからではなく、出来るだけ自然な食品から
摂取したいと考えるユーザーの目に留まったようです。

配信から約2ヶ月。地道にですが、
CPA¥1,200ほどでコンバージョンが獲得できています。

しかし、キーワードも広告文も、記載表現によっては
薬事法・景品表示法の観点から適さないこともありますので、
注意が必要です。

可能性のあるキーワードを漏れなく設定するために、
複数の目線で視野広く、広告を管理するのが良いですね。

堀家沙紀

堀家沙紀

固定概念に囚われず、常に斬新な攻めの施策をご提案させて頂きます。


ページの先頭に戻る