Google広告を最適化するターゲティングとは?オーディエンス拡張との違いや使用時の注意点を解説 | リスティング広告・SNS広告運用代行、ホームページ制作・LP制作 | 東京・大阪 | 株式会社イーナ

ノウハウブログ

HOMEノウハウブログGoogle広告を最適化するターゲティングとは?オーディエンス拡張との違いや使用時の注意点を解説

Google広告を最適化するターゲティングとは?オーディエンス拡張との違いや使用時の注意点を解説

2022年2月28日お知らせ

運用型広告は随時アップデートが行われていて、その中でも特に機械学習(アルゴリズム)は Google 広告やYahoo!広告などの媒体を問わず新しいものや仕組みが頻繁に出てきます。

その中でもGoogle 広告を最適にするターゲティングは、Google 広告のアルゴリズムにターゲットを絞る手段の1つですが、これから広告を入稿する際に「コレってなんだろう?」と疑問に思った事はないでしょうか。

今回はグーグル広告をより最適にするターゲティングについて、その仕組みや設定方法、事例を紹介します。

 

最適化するターゲティングとは

最適化するターゲティングとは、Googleの信号によってコンバージョンになる可能性が高いユーザーに広告グループで設定したターゲットよりも更にリートを広げる配信方法のことをいいます。

また、Googleの信号にはランディングページやクリエイティブアセットのキーワードなど情報が用いられているので対象となるオーディエンスの選定も可能です。

最適化したターゲティングは、ディスプレイやファインドなどのキャンペーンと目標で「販売促進」「見込み客の獲得」「ウェブサイトのトラフィック」を使用している動画キャンペーンで使用できます。

 

オーディエンス拡張との違いとは

オーディエンス拡張と最適化したターゲティングの違いは、コンバージョンユーザーなど任意で指定したリストを基に広告配信が拡張されているか、 リアルタイムのコンバージョンに基づいてGoogle がコンバージョンの獲得性が高いと判断したユーザーに配信するかのどちらかです。

設定したターゲティングよりも広く配信する「オーディエンス拡張」は、ユーザーリストなどのデータを基にそれに近いユーザーをターゲティングします。

一方で、Google広告を最適化したターゲティングとは、コンバージョンの可能性が高いユーザーを分析して広告配信の対象を決定します。そのため選択したセグメント外でもGoogle がコンバージョンの獲得性が高いと判断したユーザーには広告が配信されます。

 

Google広告を最適化したターゲティングのメリット

最適化したターゲティングは、設定しているターゲットから外れますが、コンバージョンに近いユーザーに対して配信がされます。

これまで自分が設定していないターゲット且つ、コンバージョンの可能性が高いと判断されたユーザーにも広告配信がされるので、表示回数が増加し想定していなかったユーザーも獲得できるのがGoogle広告を最適化したターゲティングのメリットです。特に新規ユーザーからコンバージョン獲得をしたい時に有効です。

 

最適化したターゲティングの注意点について

前述のとおり、最適化したターゲティングとは任意で設定を行ったターゲティングからの拡張では無いので、注意点を理解したうえで配信をおこないましょう。

 

どのようなターゲットに配信されたかは分からない

最適化したターゲティングの内訳は、管理画面で確認できません。そのためパフォーマンスが悪化した際にどこで悪くなったかや配信ターゲティングに変化があったかを分析する事はできません。

 

異なった広告を配信されてないか確認しよう

最適化したターゲティングは初期設定がオンになっています。そのため、気に留めずに設定をおこなうと、検討していた広告と異なった配信をおこなう可能性があります。

例えばリマーケティング用に広告を作成したり、ランディングページを設定していた際に、最適化したターゲティングをオンにしていると、サイトを訪問したことがないユーザーに対しても広告を流動してしまうため、配信したい情報と異なる広告を配信してしまいます。

仕組みを理解して配信しよう

最適化したターゲティングは、仕組みを理解したうえで活用することが大切です。 Google 広告がコンバージョンに近いと判断したターゲティングだとしてもコンバージョンの獲得へ繋がるかどうかは、商材やコンバージョンポイントによって違ってきます。

配信してクリックされるともちろん課金されるため、効率的に獲得が出来ていないと無駄になります。最適化したターゲティングがどのようなターゲティングなのかを再度しっかりと理解したうえで、定期的にパフォーマンスを確認し配信をおこないましょう。

 

ページの先頭に戻る