ウェブ初心者のための用語集 | リスティング広告・SNS広告運用代行、ホームページ制作・LP制作 | 東京・大阪 | 株式会社イーナ

ノウハウブログ

HOMEノウハウブログウェブ初心者のための用語集

ウェブ初心者のための用語集

2021年12月16日リスティング広告

WEB業界では、横文字を多用する方が多いです。

専門用語も沢山あります。

初めてWEB業界に入られた方はよく分からない言葉を沢山聞いて??となっている方も多いと思います。

また、実はあまり理解していないままなんとなく使っているという方も多いと思います。

社内・社外問わず、よく使われる単語の意味を理解していなければ、重要な方とのコミュニケーションに阻害が出てしまうかもしれませんので、この機会に是非覚えましょう。

WEB広告に関する基本用語

インプレッション

広告がWEB上で表示された数です。表示回数という言い方もします。

クリック数

表示された広告やURLがクリックされた数です。

検索クエリ(検索語句)

広告が検索結果に表示された際にユーザーが検索したキーワードです。

クリック率(CTR)

広告が表示されてクリックされた%です。

クリック数 ÷ 表示回数 で算出されます。

コンバージョン数(CV)

目標として設定しているポイントの完了数です。

購入数、問い合わせ数、資料請求数等

サイトによって設定している目標に準じます。

コンバージョン率(CVR)

クリックしたユーザーのうちコンバージョンしたユーザーの割合です。

コンバージョン数 ÷ クリック数 で算出されます。

平均は1%と言われることが多いです。

コンバージョン値

広告管理画面上で設定している売上のことです。

コンバージョン単価(CPA)

1件当たりのコンバージョンに対していくらの費用がかかったのか表す指標です。

広告費 ÷ コンバージョン数 で算出されます。

1件売れた時の原価や販管費などを考えた際に、いくらまでの広告費なら利益が残るのか?

ということを逆算して基準値を設定することが多いです。

ROAS

費用に対していくらの売上が取れているのか%で表したものです。

売上 ÷ 広告費 × 100% で算出されます。

こちらもコンバージョン単価(CPA)と同様に利益が残る基準値を設定した上で

KPIとして数値を追いかけていくことが多いです。

 

WEBマーケティングに関する基本用語

クローラー

Googleなどのロボット型検索エンジンが、Web上の文章や画像などのファイルを収集するためのプログラムのこと。このロボットによって集められたデータで検索結果は構成されています。

ヘッダー

Webサイトの上部に位置し、どのページを訪れても共通して上部に表示される部分のことです。

ユーザーに目につきやすいところなので、サイトロゴ、資料請求ボタンなど設置することが多いです。

フローティングバナー

LP等で共通してページ下部に表示されている棒上のバナーです。

縦に長いページ等でも常に最下部に表示されており、スクロールしても付いてくるものです。

常にユーザーに表示されるものですので、問い合わせや資料請求ボタンなどを設置することがほとんどです。

サイドバナー

ホームページ上で常に横に設置されている部分です。

ECサイト等でよく利用されています。

カテゴリページや特集ページ等の内部リンクに使われることが多いです。

セッション数

サイトに訪問した人の行動の数です。

単一ブラウザ内の連続した行動を1セッションと呼びます。30分程度の間隔が空いた場合は別セッションとしてカウントされることがあります。

クリック数と似て非なるものです。

直帰率

ユーザーがWEBサイトを訪問した際、1ページのみ閲覧して離脱した割合です。

離脱率

ユーザーがWEBサイトのページを閲覧していて、離脱した割合です。

直帰率は離脱率に含まれています。

JavaScript

Webサイトに使用されているプログラミング言語の一種。ポップアップ等を含めたWebサイト上に様々な動きを持たせることができます。

レスポンシブデザイン

PC、タブレット、スマートフォンなど、端末ごとに対応したデザインを表示する仕組みのWebサイトデザインのことです。

それぞれの端末ごとにデザインを作らなくて良いというメリットがあります。

LP

ランディングページの略です。

WEBサイトを訪れたユーザーが最初に着地するページのことを指します。

広告では集客したユーザーを着地させるための着地先のURLをLPと呼ぶことが多いです。

複数ページあってもLPと呼ばれることがあります。

広告に限らず仮にホームページであっても訪問したユーザーが最初に着地したページはLPと呼ばれます。

LPO

ランディングページの最適化です。

WEBサイトを訪れたユーザーがコンバージョンするために最適な構成やデザインに変更・工夫することです。

EFO

エントリーフォームの最適化です。

エントリーフォームを訪れたユーザーが申込完了・登録完了するために最適な構成やデザインに変更・工夫することです。

オーガニック検索(自然検索)

GoogleやYahoo!などの検索エンジンにおける検索結果のうち、広告枠の箇所を除いた部分のことです。

キャッシュ

WEBサイトを訪れた履歴のようなもので、ブラウザで読み込んだデータを一時的に保存しているものです。

変更したはずのWEBサイトが変わってない時はこのキャッシュが影響を疑ってください。

 

用語の意味を理解して正しく使用すること

仕事の話をしている時に都度意味を聞いていてはスムーズに話も進みません。

特によく聞く文言については意味を理解して正しく使えるようにしましょう。

 

とは言え、WEBマーケティングの用語は新しいものもどんどん出てくるため、全部知っている人はほとんどいないと思われます。

お客様の中には用語に詳しくない方も沢山いらっしゃいます。

そういう時はその人が分かるような文言にかみ砕いて説明してあげることが何よりも重要になります。

ページの先頭に戻る