テキスト広告の2倍のクリック率?? 「商品リスト広告」とは | リスティング広告運用代行・ランディングページ(LP)制作 | 東京・大阪 | 株式会社イーナ

ノウハウブログ

  • 他社からの乗換をご検討の方へ
  • 自社運用から変更をご検討の方へ
  • Google Adwordsオープンビジネスパートナー優秀賞を受賞しました
  • ノウハウブログ
  • リスティングLP
  • LP制作お任せください!
  • 採用情報
  • E-NAポータルサイト

HOMEノウハウブログテキスト広告の2倍のクリック率?? 「商品リスト広告」とは

テキスト広告の2倍のクリック率?? 「商品リスト広告」とは

2012年11月15日リスティング広告

本日は弊社サービス「家具350」の、成果ネタをご紹介します。
弊社サービスの「家具350」でも導入しているのですがGoogle AdWordsのサービスに「商品リスト広告」というものがあります。
このサービス、海外ではものすごく利用されているサービスなのですが検索ネットワークの広告が表示される場所に、商品の写真を掲載することができる検索広告なのです。

※こんな感じです↓↓
テキスト広告の2倍のクリック率
こんな位置に商品広告が表示されるメリットはとても大きいと言えるのではないでしょうか。
例えば、「ソファー 2人掛け」で検索するユーザーは、ネットでソファー買おうと考えている可能性が高いでしょう。
商品リスト広告を導入していなければ、上部のリスティング広告か、ソファのショッピング検索結果などへ訪問することになります。
ユーザーは、「店選び」→「商品選び」という導線を辿っていかなければなりません。

一方、商品リスト広告は、検索結果に商品が表示されますので「店選び」の前に、商品を見て貰えるというのは、やはり大きなメリットと言えるでしょう。
まだまだ導入している企業も少ないので、競合が少ない今のうちから是非とも取り組んでいきたい広告ですね。

以下にメリットをまとめてみました。

表示回数とクリック数の増加

商品リスト広告を使用すると、検索結果の同じ場所に表示された標準のテキスト広告に比べてクリック率が大幅に向上します。
場合によっては、クリック率が通常の2~3倍に増加することもあります。

クリックの質の向上

広告に商品情報を直接掲載すると、ユーザーは豊富な情報に基づいて購入の判断ができるようになるため、質の高いクリックが増加して、サイトにアクセスしたユーザーが購入に至る可能性が高まります。

容易な管理

商品ターゲットを使用すれば、キーワードを使用する必要がなくなります。
設定した商品ターゲットに基づいて関連性の高い検索が発生したときに、Google Merchant Center アカウントに登録された情報を使用して商品リスト広告が表示されます。

リーチの拡大

商品リスト広告は1回の検索に対して複数表示されることがあります。
関連性が高い場合は、商品リスト広告と通常のテキスト広告が同時に掲載される場合もあります。
つまり、1 回の検索でのリーチが倍増します。

弊社の「家具350」でも、導入をしていますがこの商品リストを導入することで、以前に比べ、コンバージョンの数は17%アップしました。
しかし商品リスト広告は、広告の登録の仕方が通常のリスティング広告とは異なり、Googleマーチャントセンターから行います。
ここを説明すると、すごく長くなりそうですので、詳しい登録の仕方は、また書きたいと思います。

髙岡徹也

髙岡徹也

最適化とイノベーションをうまく活用します。強味と弱味を理解した上で、成功を常にイメージし続け、中長期的な戦略をご提案します。


ページの先頭に戻る