機会損失防止に有効「GoogleAdwords動的検索広告」 | リスティング広告運用代行・ランディングページ(LP)制作 | 東京・大阪 | 株式会社イーナ

ノウハウブログ

HOMEノウハウブログ機会損失防止に有効「GoogleAdwords動的検索広告」

機会損失防止に有効「GoogleAdwords動的検索広告」

2012年11月19日リスティング広告

本日も、弊社運営の通販サイト「家具350」の、リスティング広告実践ネタをご紹介します。
弊社サービスの「家具350」でも導入しているのですがGoogle AdWordsのサービスに「動的検索広告」というものがあります。

この動的検索広告、ベータ版として一部のユーザーだけが利用することができたサービスなのですが、先日すべての広告主様でご利用いただけるようになりました!
Googleの調べによると、1 日のうち 16% が初めて検索される語句ということがわかっておりますので、関連性のある検索での広告表示の機会を増やすことができます。

まだリリースされたばかりということもあり、実施されている広告主は少ない状況です。
この動的検索広告は、これまでリスティング広告を出稿されてきた広告主様だけでなく、リスティング広告をこれから出稿される広告主様も実施すべき内容であると思います。
以下に動的検索広告のメリットとまとめてみました。

関連性の高い広告が表示

商品ページはあるが、登録されていないキーワードでの広告配信が開始され、関連性の高い広告配信ができるようになります。
結果、より多くのコンバージョンにつながる可能性があります。

機会損失の防止

ウェブサイトに掲載している商品やサービスごとに広告掲載される可能性が高まり、機会損失を防止します。

キーワードを登録したキャンペーンを補完

従来のキーワードによるターゲット方法を補って、
より多くのコンバージョンを獲得できる可能性がアップします。
始めにも書きましたが、弊社の「家具350」でも、導入をしています。

この動的検索広告の出稿結果、最適化の方法などはまた改めて書きたいと思います。

ページの先頭に戻る