集客と接客 | リスティング広告運用代行・ランディングページ(LP)制作 | 東京・大阪 | 株式会社イーナ

ノウハウブログ

HOMEノウハウブログ集客と接客

集客と接客

2013年1月15日リスティング広告

WEBにおける集客と接客って何でしょうか?
集客はリスティング広告やSEO対策など、アクセスを集める事で、接客はWEBサイトそのものですよね。

リスティング広告を実施すると、すぐにコンバージョン(お問合せや購入)に繋がると思われがちなのですが実際はコンバージョンの一歩手前の誘導までしか行えません。

リスティングで接客はできないのです。
服を買いたいユーザーをお店の中に連れてくるところまでです。

リスティング広告で大事なのは、
いかにコンバージョンの可能性の高いお客様を連れてくるかと言う事になります。
また、お客様のニーズを分析して、自社では何が売れるかを見極める為のツールとして活用できます。

弊社の「家具350」に例えると
冬になっても、扇風機の在庫があるので今期中に売りたい。
「よし!扇風機でリスティング広告を出して販売力強化だ!」というのは全くナンセンスですよね。

冬に扇風機を売りたければ、検索ニーズが高い「ストーブ」などの暖房器具で集客をしておいてストーブを掲載しているページに「ストーブの前に扇風機を置いて、部屋中ぬっくぬく」など
ページ側での対応が必要となります。
売りたいものを無理に入札するのではなく、売れるものを見極める事が大事です。
お客様が求めている物と自社サイトで売れるものを早くマッチングさせる、そしてそれに合わせた接客(サイト作り)をする事が成果向上への近道です。
集客と接客、それぞれの役割をうまく融合させましょう!

ページの先頭に戻る