クリック率と品質スコアの関係 | リスティング広告運用代行・ランディングページ(LP)制作 | 東京・大阪 | 株式会社イーナ

ノウハウブログ

  • 注目の西日本ベンチャー企業として弊社が掲載されました
  • 他社からの乗換をご検討の方へ
  • 自社運用から変更をご検討の方へ
  • Google Adwordsオープンビジネスパートナー優秀賞を受賞しました
  • ノウハウブログ
  • リスティングLP
  • LP制作お任せください!
  • 採用情報
  • E-NAポータルサイト

リクナビの弊社画面へ

HOMEノウハウブログクリック率と品質スコアの関係

クリック率と品質スコアの関係

2018年6月5日リスティング広告

クリック率とは

クリック率は広告が表示されたうち、どれほどの割合でクリックをされたかという頻度を示す数値です。
広告のクリック数を表示回数で割るとクリック率が分かります。

クリック率の相場はどれくらい

リスティングでのクリック率の相場は一体何%くらいなのでしょうか。
よく言われているのは大体1%ほどとされています。
ただ、業種や時期によっても違いますので、目安としてください。
その中でもキーワードの種類によって多少違いがあります。

名刺キーワード:3%~
家具350、KAGU350など
メインキーワード:1%~
ソファ 通販、テレビボード 通販など
サブキーワード:0.5%~
家具 一人暮らし 人気、新居 寝具 比較など

さらにクリック率はデバイスによっても少し違いがあります。
モバイルの方がPCよりクリック率が高い傾向があります。
これも業種によってはかわりますが、ご参考にしてください。

クリック率が上がると何がいいの?

リスティング広告はクリック課金の為、クリックされる回数が増えてもコンバージョンが増えないと意味がないんじゃないかと思われる方も多いと思います。
もちろんそうですが、クリック率というのは広告効果をよくする為の大きな要素になっています。
WEB広告では、クリック率が高ければ高いほど良い広告と判断される傾向があります。
ということは、クリック率が高いほどと優先的に表示されやすくなり、1クリック当たりの単価も安くなるという事です。
媒体であるYahooやGoogle側は、利用者が多いほど、広告を表示させられる機会が増え、収益増加につながります。
ユーザーが離れてしまうと収益に繋がらなくなります。
なので入札単価が高いからと言って、【ユーザーが望まない情報(広告)=クリックされない広告】ばかり表示させるとユーザーが離れる可能性があります。
クリック率が高い広告が好条件で掲載されるのは、YahooやGoogleのリスティング広告も当てはまります。

すなわち、広告効果を良くする為にはクリック率を上げることが大切になっています。

クリック率と品質スコア

品質スコアとはキーワード毎に自動的に決定されている1~10の評価数値です。

score

この品質スコアが高い(10に近い)とどうなるのでしょうか?

・同じ入札価格でも品質スコアが高い方が掲載順位が高くなる。
・キーワードのクリック単価が低くなる。
・First Page Bid(1ページ目の最低入札価格)が低くなる。
・広告表示オプション(サイトリンクなど)が表示されやすくなる。
・広告が表示されやすくなる。(インプレッションシェア損失率が低くなる)

そうなんです!!いい事がたくさんです!!
品質スコアが高くなるとクリック単価が低く抑えられるので
同予算でも多くのクリックを獲得することができるのです。
表示機会も増えるという事は…広告効果をよくすることが出来るのです。

A社 入札価格…100円 品質スコア 3
B社 入札価格…60円 品質スコア 8

この場合、B社の方が上位に掲載され掲載頻度も多くなります。
だったらやっぱり品質スコアは高い方がいいですね。

では、その品質スコアはどうすれば良くなるでしょう。
YahooとGoogleでは公表されてる情報は違いますが大きくまとめると下記3点です。
・クリック率
・キーワードと広告の関連性
・リンク先ページの品質(Google AdWordsのみ)

出てきましたね、クリック率。
少し話が行ったり来たりしましたが、要はクリック率をよくすると品質スコアが高くなり
広告効果を伸ばすことができます!!

クリック率を良くするには、下記の手法があります。
・広告文を変更する
・広告表示オプションを使用
・除外キーワードを設定
・入札単価を上げる

1-広告文を変更する

広告文で訴求できてる広告と、そうではない広告では大きくクリック率が変わります。
これという完ぺきな方程式はなく、これからも検索広告における広告文の探求は続くと思います。
ただ、そんな中でも弊社が意識している広告文の作り方があります。

できるだけ具体的に明確に表現するようにしていますが、その中でも数字を使った表現はクリック率の改善につながりやすいです。
more_otoku
↓↓
5000_otoku

2-広告表示オプションを使用する

(画像を入れる)
広告表示オプションは、広告分のようなクリック率改善の本質的なものではなく補助的な役割をしています。
広告枠の面積が広がり、あなたの広告がよりユーザーの目に留まりやすくなります。

アプリや住所表示以外のオプションはすべてに用意してる方が良いでしょう、

・コールアウト表示オプション
・サイトリンク表示オプション
・クイックリンクオプション
・電話番号表示オプション
・住所表示オプション
・アプリリンク表示オプション
・レビュー表示オプション
・構造化スニペット表示オプション

リスティング広告の一工夫!表示オプションとは


広告表示オプションとは

3-除外キーワードを設定
関連性の無いキーワードでの表示が増えてくると、クリック率が低下していきます。
普段から検索語句をチェックし、見込みのないものは除外キーワードに設定しておきましょう。

まとめ

上記以外にも多くの手法はありますが、繰り返し改善を続ける事でクリック率が良くなります。
クリック率の向上は品質スコアにつながるので、広告効果をよりよくする為に日々頑張りましょう。


ページの先頭に戻る