【知ってて損なし】Google・Yahooの検索広告の掲載先を「全て」知っていますか? | リスティング広告運用代行・ランディングページ(LP)制作 | 東京・大阪 | 株式会社イーナ

ノウハウブログ

  • 注目の西日本ベンチャー企業として弊社が掲載されました
  • 他社からの乗換をご検討の方へ
  • 自社運用から変更をご検討の方へ
  • Google Adwordsオープンビジネスパートナー優秀賞を受賞しました
  • ノウハウブログ
  • リスティングLP
  • LP制作お任せください!
  • 採用情報
  • E-NAポータルサイト

リクナビの弊社画面へ

HOMEノウハウブログ【知ってて損なし】Google・Yahooの検索広告の掲載先を「全て」知っていますか?

【知ってて損なし】Google・Yahooの検索広告の掲載先を「全て」知っていますか?

2018年5月24日リスティング広告

Googleアドワーズ・Yahooスポンサードサーチの検索連動型広告って、
広告がどこに配信されるかご存知でしょうか。

「検索広告だから、検索結果画面に表示される」
それは当たり前ですね(笑)

1

しかし、厳密にはここだけではないのです。
GoogleやYahooには「検索パートナー」というものがあります。

検索パートナーサイト一例

Google

・livedoor
・BIGLOBE
・goo
・OCN
・AOL.JP
など

Yahoo

・Ameba
・bing
・エキサイト
・@nifty
・So-net
など
※参考:Yahoo!プロモーション広告(リスティング・YDN)の掲載先│Yahoo!プロモーション広告

※2018年5月現在

総合ポータルサイト、プロバイダーのサイトが多いですね。

パートナーサイトで広告がクリックされたら、
クリックによってGoogleやYahooが得た収益の一部は、パートナーサイト運営元の収益になります。

検索パートナーサイトでの広告の成果を確認する方法

Google

「分割」機能を使用します。

g-成果の見方

g-成果の見方-2

Yahoo

「表示切替」機能を使用します。

y-成果の見方-1

y-成果の見方-2
「その他の広告掲載方式」がパートナーサイトへの掲載結果です。

検索パートナーサイトへの配信を止めるには

もしもパートナーサイトでの成果が悪い場合には、掲載を止めることも可能です。

Google

g_検索パートナーの配信を止める

Yahoo

y-0

1

2


ページの先頭に戻る