【絶対するべき】検索型リマーケティング・RLSA | リスティング広告運用代行・ランディングページ(LP)制作 | 東京・大阪 | 株式会社イーナ

ノウハウブログ

  • 注目の西日本ベンチャー企業として弊社が掲載されました
  • 他社からの乗換をご検討の方へ
  • 自社運用から変更をご検討の方へ
  • Google Adwordsオープンビジネスパートナー優秀賞を受賞しました
  • ノウハウブログ
  • リスティングLP
  • LP制作お任せください!
  • 採用情報
  • E-NAポータルサイト

リクナビの弊社画面へ

HOMEノウハウブログ【絶対するべき】検索型リマーケティング・RLSA

【絶対するべき】検索型リマーケティング・RLSA

2018年4月24日リスティング広告

過去にアップしたブログで『RLSA』について紹介をしましたが、
今回、具体的な事例・設定方法も含めて、改めてお話をしたいと思います。

検索型リマーケティング・RLSA とは

インターネットで買う物を選ぶときに、初めて見たサイトで即決で購入するでしょうか。
約9割のユーザーが、初めて訪問したサイトでは物を買わないようです。

初めてサイトを訪れる方よりも、再訪問してくれる方のほうがCV率が高いです。
そういうターゲットに絞って広告を配信するのを 検索型リマーケティング・RLSA といいます。

リマーケティングが出来るサイトであれば、絶対に設定しましょう!!!!

詳しくは → RLSAとは

RLSAの効果とは

CV率の高いユーザーにアプローチしやすいので、費用対効果が高くなりやすいです!

例えば、デニム生地のアイテムを取り扱う通販サイトAがあります。
「デニム」と検索するユーザーに広告を出してアクセスを取りたいですが、
デニムを扱っている競合他社なんて、数え切れないほどいます…。

アクセスを取ることは簡単でも、コンバージョンを勝ち取ることはなかなか難しいです。

しかし、一度サイトAに訪問したことがあり、訪問時に即決せず一度離脱したユーザーだったら?
サイトAで過去に何か購入したこのあるユーザーだったら?

実際の数値を見てみましょう。
↓↓
180425_rlsa01

リマーケティングをかけている方が、費用対効果は約16倍です!

「デニム」に限らず全体で見てみましょう。
↓↓
180425_rlsa02

費用対効果は約3倍の差ですね。

設置のススメ

今回3通りの設定の仕方を紹介します。

①リマケユーザーとそうでないユーザーで【入札単価】を分けたい場合は?

リマケユーザーからのクリック率を上げたい、掲載順位を上げたい、など。

例えばこんなアカウントにおすすめ

・広告予算が小さい
・サイトのアクセス数が少ない
・今の費用対効果は悪くはない
など

②リマケユーザーとそうでないユーザーで【キーワード】を分けたい場合には?

リマケユーザーからはビッグワードでクリックを取りたい、など

例えばこんなアカウントにおすすめ

・広告予算が小さい
・サイトのアクセス数が少ない
・今の費用対効果は悪くはない
・リピート率が高い
など

③リマケユーザーとそうでないユーザーで【入札単価】【予算】を分けたい場合には?

リマケユーザーには広告表示の機会損失がないようにしたい、など。

例えばこんなアカウントにおすすめ

・サイトのアクセス数が多い
・すぐにでも費用対効果を良くしたい
・新規ユーザーからの転換率が低い
・クリック単価が高い
・検索ボリュームが大きく予算の制限がかかりやすい
など
※本記事で例に出した「デニム」のアカウントは、こちら③で設定しています。

設定の仕方~Googleアドワーズ管理画面・操作方法~

※ここでは『リマーケティングタグの発行方法』『リマーケティングリスト(オーディエンスリスト)』の作成の仕方は省略します。

①リマケユーザーとそうでないユーザーで【入札単価】を分けたい場合は?

設定①-1

設定①-2

リマケユーザーに対して入札単価を上げたい場合、「入札単価調整比」を +50% や +100% など入力しましょう。
設定①-3

②リマケユーザーとそうでないユーザーで【キーワード】を分けたい場合には?

リマケユーザー用とそうでない用で、広告グループをそれぞれ作成しましょう。

設定②-1

設定②-2
リマケユーザー用グループの設定はここまでで完了ですが、
次の工程で、そうでない用グループからリマケユーザーを除外しましょう。

設定②-3

設定②-4

設定完了!
設定②-5

③リマケユーザーとそうでないユーザーで【入札単価】【予算】を分けたい場合には?

リマケユーザー用とそうでない用で、広告キャンペーンをそれぞれ作成しましょう。

設定③-1

設定③-2
リマケユーザー用キャンペーンの設定はここまでで完了ですが、
次の工程で、そうでない用キャンペーンからリマケユーザーを除外しましょう。

設定③-3

設定③-4

設定完了!

設定の仕方~Yahooスポンサードサーチ管理画面・操作方法~

※ここでは『リターゲティングタグの発行方法』『リターゲティングリスト(ターゲットリスト)』の作成の仕方は省略します。

①リタゲユーザーとそうでないユーザーで【入札単価】を分けたい場合は?

YS設定①-1

YS設定①-2

YS設定①-3

リタゲユーザーに対して入札単価を上げたい場合、「入札価格調整率」を +50% や +100% など入力しましょう。
YS設定①-4

②リタゲユーザーとそうでないユーザーで【キーワード】を分けたい場合には?

リタゲユーザー用とそうでない用で、広告グループをそれぞれ作成しましょう。

YS設定①-1

YS設定②-2

YS設定②-3
リタゲユーザー用グループの設定はここまでで完了ですが、
次の工程で、そうでない用グループからリタゲユーザーを除外しましょう。

YS設定②-4

YS設定②-5

YS設定②-6

設定完了!

③リタゲユーザーとそうでないユーザーで【入札単価】【予算】を分けたい場合には?

リタゲユーザー用とそうでない用で、広告キャンペーンをそれぞれ作成しましょう。
YS設定①-1

YS設定①-2

YS設定①-3
リタゲユーザー用キャンペーンの設定はここまでで完了ですが、
次の工程で、そうでない用ャンペーンからリタゲユーザーを除外しましょう。

YS設定③-2

YS設定③-3

設定完了!
YS設定③-4

以上です。

RLSAは、もちろんサイト訪問者だけを対象なので、広告を配信できる母数は少ないこともあります。
ですので、「成果の悪い新規ユーザーへは広告出さない!広告予算の10割をRLSAに!」としたいとしても、
サイトのアクセスがそもそも少なければ、RLSAは稼働しません。
RLSAを十分稼働させるためにも、新規ユーザーにもしっかり広告は配信することをおすすめします!


ページの先頭に戻る