リスティング広告は検索広告とディスプレイ広告 | リスティング広告運用代行・ランディングページ(LP)制作 | 東京・大阪 | 株式会社イーナ

ノウハウブログ

  • 注目の西日本ベンチャー企業として弊社が掲載されました
  • 他社からの乗換をご検討の方へ
  • 自社運用から変更をご検討の方へ
  • Google Adwordsオープンビジネスパートナー優秀賞を受賞しました
  • ノウハウブログ
  • リスティングLP
  • LP制作お任せください!
  • 採用情報
  • E-NAポータルサイト

リクナビの弊社画面へ

HOMEノウハウブログリスティング広告は検索広告とディスプレイ広告

リスティング広告は検索広告とディスプレイ広告

2018年1月16日リスティング広告

最近はこまめにブログを小まめに更新しています。
そしてリスティングの基礎知識からしっかり書いていこうと思います。

リスティング広告ってそもそも何の事なの?という方に向けての記事です。
今は既に色んな広告を目にする事が増えたので、あっこれの事か!と思う方も多いと思います。

リスティング広告とは

Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで表示される広告です。

クリック課金制

リスティング広告は、広告表示されるだけでは課金されません。
クリックされてはじめて料金が発生します。
PPC広告(Pay Per Click)とも呼ばれています。Pay=支払う Per=度に Click=クリック!

クリック時の広告の料金は、広告出稿側が設定した入札価格と広告の品質をもとに決定されます。
1クリック何円まで払いますよという価格を決め入札します。
1クリックあたりの単価は「オークション制」で、キーワードごとに相場が異なります。
一般的には検索数の多いキーワードほど、入札価格も高くなる傾向があります。
「クリック料金×クリック回数」が実際に課金される広告料金です。

「入札価格」×「広告品質」で広告順位は決まります。

1つのキーワードに複数の入札があった場合は、「広告ランク」というものによって掲載順位が決まります。
「広告ランク」は、「入札価格」×「広告の品質(クリック率など)」によって出されます。
掲載順位が高いものから上位に表示されます。

このようなリスティング広告は大きく2種類あります。
それが検索連動型広告とディスプレイ広告です。

検索連動型広告

検索サイトに入力された検索キーワードに応じて、Webサイトの情報を検索結果ページに表示させる広告のことです。
見込み顧客に効果的にリーチすることができ、最も費用対効果が高いインターネット集客手法のひとつが「検索連動型広告」です。
GSN
ユーザーが検索する時は、「知りたい」「欲しい」と思って検索する事が多いと思います。
検索ユーザーは特定の情報に対する関心が高い、きわめて絞り込まれた優良な見込み客であると言えます。

検索結果ページの上部の目につきやすいエリアに広告を表示することで、ユーザーのクリックを促し、より高い確率でサイトへ誘導することができます。

【特徴】
先ほど書きましたように検索ユーザー=自ら欲しいものやサービスの情報を探しているユーザーなので、購入意欲の高いユーザーにアプローチすることが可能です。
ユーザーが検索をすることによって広告が表示される為、自社の商品やサービスをまだ知らない等の潜在層のユーザーにアプローチすることは出来ません。

ディスプレイ広告

リスティング広告には、検索連動型広告ディスプレイ広告があります。
ディスプレイ広告は検索広告とは異なり、広告の掲載枠があるWEBサイトの内容に、広告が表示されます。
DSP
費用はディスプレイ広告も同様のクリック課金型となっており、入札制です。

【特徴】
ユーザーが閲覧しているサイトのページ上に広告が表示される為、検索広告に比べてユーザーの購入意欲は低くなります。
しかし、まだ自社の商品(サービス)を知らない「潜在ユーザー」にアプローチする事が可能です。

また、ディスプレイ広告には「リマーケティング」という機能があり、一度自社のサイトに訪れたユーザーを追跡して、広告を表示することが出来ます。
サイトに訪れたが、商品購入等をせずに離脱してしまったユーザーに対して、再アプローチすることが出来ます。
その外にもターゲット設定をして配信が出来ますが、それはまた別の投稿で紹介します。

まとめ

リスティング広告には「検索連動型広告」と「ディスプレイ広告」があります。
検索広告は確度の高いユーザーに配信する事ができます。
自社サービスや商品の認知されてる際は、サービス名・商品名でも広告を出すと成果が実感できると思います。

ディスプレイ広告はサイトに広告表示されるため、サービス名・商品名を知らないユーザーにも認知を広げれます。
検索広告のクリック単価より、安い単価で配信出来る傾向があります。

検索連動型広告とディスプレイ広告では特徴が違います。
まずは自社の商品やサービスをどういったユーザーに対してアプローチするかを考えてみてください。

顕在層にアプローチしたい⇒検索連動型広告
潜在層にアプローチしたいなら⇒ディスプレイ広告

どんなキーワードにするか、ターゲティングをどうするかなど考えることは多くあると思いますが、まずは基礎知識として「検索連動型広告」「ディスプレイ広告」を知っててください。

では、また後日リスティング広告に関する記事をアップします。


ページの先頭に戻る