キーワードのマッチタイプ検証 | リスティング広告運用代行・ランディングページ(LP)制作 | 東京・大阪 | 株式会社イーナ

ノウハウブログ

  • 他社からの乗換をご検討の方へ
  • 自社運用から変更をご検討の方へ
  • Google Adwordsオープンビジネスパートナー優秀賞を受賞しました
  • ノウハウブログ
  • リスティングLP
  • LP制作お任せください!
  • 採用情報
  • E-NAポータルサイト

HOMEノウハウブログキーワードのマッチタイプ検証

キーワードのマッチタイプ検証

2014年3月20日リスティング広告

今回はキーワードのマッチタイプについて検証を行いました。

「部分一致」で登録しているキーワードを全て「絞り込み部分一致」に変えて、CV、CPAにどのような変化が出るのかを検証してみました。

▼それぞれのマッチタイプについて

部分一致…登録したキーワードと検索されたキーワードの語順が逆であったり、類義語、関連語句、表記ゆれ(「贈り物」と「贈物」)など、幅広く広告が表示される

絞り込み部分一致…登録したキーワードと検索されたキーワードの語順が逆であったり、表記ゆれ(「贈り物」と「贈物」)に対しては広告が表示さるが、類義語、関連語句では表示されない

検証期間約1カ月

変更後

CV件数 約1.5倍UP

CPA 約30%DOWN

結果として、CV件数が増え、CPAが改善されました。
関連性の低い検索ワードからのクリックを避け、効率よく広告の配信をすることで、成果アップに繋がりました。

その他にも、もっとピンポイントで狙うフレーズ一致や完全一致といったマッチタイプもあるので、うまく使い分けながらどんどん成果に繋げていきたいですね。

ただ、初めからマッチタイプを絞り込んでしまうと思わぬコンバージョンワードを逃してしまう可能性があるので、
ある程度データを出してから精査することをお勧めします。

髙岡徹也

髙岡徹也

最適化とイノベーションをうまく活用します。強味と弱味を理解した上で、成功を常にイメージし続け、中長期的な戦略をご提案します。


ページの先頭に戻る