HOMEスマートフォン対策

増加し続けるスマートフォン普及率。2014年はさらに急速に

スマートフォン市場の活発化に伴いスマートフォン検索市場は急激に伸びております。
弊社の確認範囲に限っても2011年5月からの数年で爆発的に増加しております。

その為、スマートフォンに対してリスティング広告も出稿していくべきですが、パソコンとスマートフォンでは利用シーンや場所、操作環境などが異なる為、必要な出稿の仕方も異なってきます。
デバイスの特性に対応するためには、パソコン向けのキャンペーンとは切り分けて独自の設定や運用を実施していく必要があります。

スマートフォン普及予測

スマートフォン普及率グラフ

スマートフォン・リスティング広告

上位表示(1~2位)しなければ広告品質スコアが上がりません

リスティング広告枠

これまでのモバイルリスティングと同様に、上位表示が非常に重要になり、1位2位と3位以下ではパフォーマンスが大きく変わってきます。
よりキーワードの選定が重要になってくると言えます。

地域ターゲティングが可能

これまでのモバイルリスティングと異なる点として、地域ターゲティングが可能であるという点が挙げられます。店舗誘導力の高い広告設計を目指していくことが出来ます。

占有面積の拡大

広告設定オプションの設定により、検索結果ページのファーストビューにおける占有面積を広げ、よりクリックを集めることができるようになります。

電話ならではのClick to Callの活用

Click to Callの活用

検索結果に電話番号を表示して、そのまま電話が掛けられるようにする仕組みです。電話での問い合わせ獲得が成果に直結するビジネスに置いては、忘れてはならない機能です。

土日祝日でもPCほど変化がない

PCでは平日に比べ、休日は検索ボリュームが落ちやすい傾向にありましたが、スマートフォンにおいてはPCほど大きな変動はありません。

サイトのスマートフォン対応に関して

広告の品質スコアにサイトがスマートフォン対応されているか否かが評価されるようになりました。
しかし、2011年、AdWordsを利用している上位広告主のうち79%は未だランディングページのデバイス最適化ができていません。品質スコア最適化のためにも、成果率のためにも、また差別化のためにもサイト側の対応も必須です。
また広告文にスマートフォン対応をしている旨を明記することで、クリック率が上がる場合もあります。

サイトのスマートフォン対応に関して

お悩みの事・ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

東京・大阪050-5572-8596

株式会社イーナへお問い合わせはこちらから

お悩みの事・ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

株式会社イーナへお問い合わせはこちらから