リマーケティング最適化の方法 | リスティング広告運用代行・ランディングページ(LP)制作 | 東京・大阪 | 株式会社イーナ

ノウハウブログ

  • 他社からの乗換をご検討の方へ
  • 自社運用から変更をご検討の方へ
  • Google Adwordsオープンビジネスパートナー優秀賞を受賞しました
  • ノウハウブログ
  • リスティングLP
  • LP制作お任せください!
  • 採用情報
  • E-NAポータルサイト

HOMEノウハウブログリマーケティング最適化の方法

リマーケティング最適化の方法

2013年9月26日リスティング広告

今回はリマーケティングの最適化についてお話しします。
リマーケティングとは一度サイトにアクセスしたユーザーに対してバナー広告などを表示させる掲載方式です。

弊社の実績ではこのリマーケティングはサーチワードと比べてCPCやCPAが低くなる傾向があり有効な手段として活用できる広告です。
もちろんサーチワードと同じく、最適化が有効で様々なルール付けにより効率化が可能になります。

最適化1 【訪問日による最適化】

「鉄は熱いうちに打て」とあるようにリマーケティングでもサイトにアクセスした日から近ければ近いほどコンバージョン率が高い傾向があります。
実績として訪問した日数によって強弱をつけると、2~3倍CPAに差がつきました。

最適化2 【閲覧ページによる最適化】

家具350を例にすると、ソファのページを見たユーザーにはソファのバナーをセールのページを見たユーザーにはセールのバナーをベッドのページを見たユーザーにはベッドのバナーを表示させる実績としてユーザーの興味とバナーのマッチ度を高める事により2~3倍CPAに差がつきました。

※当然ですが、上記の結果はすべてのアカウントに当てはまるわけではありませんのでご注意ください。
ただ単にリマーケティングをするのではなく、最適化をしてうまく活用するとCPAを低下させ、効率よくCV数を獲得できる事が可能です。

バナーの作成は弊社におまかせ!!

髙岡徹也

髙岡徹也

最適化とイノベーションをうまく活用します。強味と弱味を理解した上で、成功を常にイメージし続け、中長期的な戦略をご提案します。


ページの先頭に戻る