YDN広告でのターゲティング新機能 | リスティング広告運用代行・ランディングページ(LP)制作 | 東京・大阪 | 株式会社イーナ

ノウハウブログ

  • 他社からの乗換をご検討の方へ
  • 自社運用から変更をご検討の方へ
  • Google Adwordsオープンビジネスパートナー優秀賞を受賞しました
  • ノウハウブログ
  • リスティングLP
  • LP制作お任せください!
  • 採用情報
  • E-NAポータルサイト

HOMEノウハウブログYDN広告でのターゲティング新機能

YDN広告でのターゲティング新機能

2016年9月23日リスティング広告

GoogleAdWords・YDNでは、地域・年齢・性別などを
ターゲットとして絞り込むことが出来ます。
また、広告を表示する時間帯、曜日などを指定することも可能です。

逆に、広告の目的に合わない方々には広告を表示しないようにしたり、
特定のページには表示させないようにしたりといった設定も出来るので、
広告の目的にあったターゲットだけに絞って広告を表示することによって、
成果UPが期待できます。

さらに!

ここ最近Yahooサーチターゲティングに新しい機能が追加されたことを
皆さんご存知でしょうか。

新しく追加された新機能はこの3つ

「URL検索・有効期間・検索回数」

■URL検索は、広告に紐付く検索キーワード・URLをいくつか入力すると、
この検索キーワードは検索された回数が多いですよ、少ないですよ。といったデータを
算出してくれます。
今までは、この検索キーワードを入れたら検索に引っかってくれるだろうな、といったキーワードを
数多く入力していたのが、データに基いてピンポイントで入力することが出来るようになりました。

■有効期間では、上のURL検索で算出された検索キーワード達を
【30日以内・14日以内・7日以内・3日以内・1日以内】に
検索した人にだけ広告を表示することが出来るようになりました。

■検索回数では、更に上の新機能で出てきた検索キーワード達を【1回以上・2回以上・3回以上】
検索した人に絞ることが出来るようになりました。

新機能を含めた絞り込みでより効率的かつ効果的にターゲットに向け配信が可能になった現在、
ターゲットの見直しをしてみると思わぬところに費用がかかっていたりするかもしれないので、
改めて実施してみるのも良いかもしれませんね。

髙岡徹也

髙岡徹也

最適化とイノベーションをうまく活用します。強味と弱味を理解した上で、成功を常にイメージし続け、中長期的な戦略をご提案します。


ページの先頭に戻る