ディスプレイ広告の攻め方について | リスティング広告運用代行・ランディングページ(LP)制作 | 東京・大阪 | 株式会社イーナ

ノウハウブログ

  • 他社からの乗換をご検討の方へ
  • 自社運用から変更をご検討の方へ
  • Google Adwordsオープンビジネスパートナー優秀賞を受賞しました
  • ノウハウブログ
  • リスティングLP
  • LP制作お任せください!
  • 採用情報
  • E-NAポータルサイト

HOMEノウハウブログディスプレイ広告の攻め方について

ディスプレイ広告の攻め方について

2015年6月22日リスティング広告

ようやく全国的に梅雨入りしましたね。

雨が降り続いてくれると忘れないのですが
この間、帰宅時に雨が止んでいたので、会社に傘を忘れてしまいました。

私のスマホに「傘忘れてませんか?」とバナー広告が表示されたら
すぐにクリックしてしまいますね!

今回はディスプレイ広告について少しお話させて頂きます。

ディスプレイ広告には大きく分けて
ターゲティングとリターゲティングの2つがあります。

リターゲティングは今までのブログでよく出てきてますので
ご存知かと思いますが、1度サイトにアクセスしたユーザーに対して
マークを付け、マーク対象者に対して発動する追客広告です。

一方でターゲティングは、個人の興味や、広告が掲載されているページの内容などを
対象として設定し、マッチングした場合に広告が表示されます。
通常のキーワード検索広告やリマーケティング広告に比べ
クリック単価が安い傾向があり、表示回数が多いのがメリットでサービス認知に適していますが
問合せなどのコンバージョンに繋げるには劣る傾向があります。

ただ、このターゲティングもしっかりとサービスに合わせた使い方をすれば
コンバージョン発生も増加してきますので使い方について掘り下げます。

ターゲティングも大きくわけて2つあります。

広告を見ているユーザーに依存する「インタレストマッチ」と
広告が出ているページに依存する「カテゴリーマッチやキーワードマッチ」などがあります。

ユーザーに依存する場合の例は「化粧品に興味がある人」に対して表示するなどで
比較的検討期間が短いサービスにおすすめです。

ページ内容に依存する場合の例は「不動産のカテゴリー記事」があるページに表示するなどで
比較的検討期間が長いサービスにおすすめです。

配信している広告が対人か対場所かで攻め方が変わりますので
その広告が何に依存しているかを考えてうまく使い分けると
成果に繋がる可能性が高まりますね!

髙岡徹也

髙岡徹也

最適化とイノベーションをうまく活用します。強味と弱味を理解した上で、成功を常にイメージし続け、中長期的な戦略をご提案します。


ページの先頭に戻る